株式会社SHOEI|設計事務所

株式会社SHOEIの実績ページ

nzr house

2011 PROJECT
nzr house
所在地 -
建物用途 -
延床面積 -m²
構造・規模 -
nzr house

二世帯住宅の、子世帯のリフォーム

二世帯住宅の子世帯部分のみのリフォーム。約20坪強という限られた空間の中で、夫婦+子供3人のそれぞれの部屋を確保しながら、リビング、ダイニング、キッチンを快適に、機能的にリフォームしたいという要望だ(こんなリフォームの需要はかなりあるのではないでしょうか)。子供の成長にあわせそれぞれの部屋を確保したいという、ライフステージの変化に伴ったリフォームがコンセプトになっており、キーワードは「家具で仕切る!」というもの。以前の子供部屋は約7畳で、普通に壁で2室に仕切ってしまうとベッドと机を置くことができない。そこで、ベッドと収納を断面的に交差させた作り付けの家具によって2部屋に仕切った。扉も付けて、ある程度プライバシーも確保された2人分の部屋が誕生した。

もうひとつの部屋は、現在8.5畳の寝室を可動式の家具で小さく仕切ることにより3つめの部屋を確保。家具の一部の背板は取り外し式になっているのでTVをどちらからでも見れるようになっている。さらにエアコンは一台で済むように、背板の上部は開閉式になっている。また、可動式とはいえ、地震時の転倒などを考えて、背の高い家具として天井に固定できるようにもした。
nzr house

難しい要望もクリアに

最後に約15畳のLDKスペースにキッチン、6人掛けダイニングテーブル、大き目のソファとたっぷり収納を置きたい!というかなり厳しい要望をクリア。収納は横並びにするとかなりのスペースを要しますので、「本棚」、「キッチン収納」、「食器棚」、「なんでも収納」をひと固まりの直方体の箱に詰め込んで、4方向から利用できるように。それまではリビングに直接トイレが面していましたので目隠しの役割も果たしている。限られたコストで最大限の要望を引き出すことができたのではないだろうか。

SUPPORT

ABOUT US

WORKS

EVENT

CONTACT