株式会社SHOEI|設計事務所

株式会社SHOEIの実績ページ

kkr house

2012 PROJECT
kkr house
所在地 -
建物用途 住宅
延床面積 77.5m²
構造・規模 鉄筋コンクリート造及び木造二階建(一階部分リフォーム)
kkr house

明るく動きやすい住空間に

リフォーム前は、鉄筋コンクリート造の一階を住まいとして利用。リビングには物があふれていて収納しきれていなかった。特に趣味のミニカーの数がすごい・・・!キッチンの壁面状の配ぜんカウンターはがキッチンを暗くしている。高齢の夫婦には、玄関に手摺もなく、洗面脱衣風呂も狭く使いづらい状況だった。今回のリフォームのポイントは、暗く狭いイメージの空間を開放性と回遊性をもたせて、明るく動きやすい住空間とすること。寝室を1回に下ろし、細長いウォークインクロゼットを設け通路兼用として全体の動線を円状とした。
kkr house

ユニバーサルデザインの家

吊戸なしの明るいオープンなキッチンとし、キッチンとリビングを一体空間とし、リビングには造りつけの長い机とTV台、ミニカー収納、神棚を合体した収納家具をつくり、アルバムや小物なども収納できるようになっている(ミニカーの収納庫はねこちゃんの階段と昼寝スペースでもある)。リビングには畳の小上がりがあり、お年寄りにはちょこっと腰をおろしてお話するのに便利な場所に。この畳の小上りは扉なしでリビングと廊下にオープンに面した明るくバリアがないユニバーサルデザインになっている。

SUPPORT

ABOUT US

WORKS

EVENT

CONTACT