株式会社SHOEI|設計事務所

株式会社SHOEIの実績ページ

tit house

(2006)
tit house
所在地 -
建物用途 -
延床面積 -m²
構造・規模 -
tit house

限られたコストでどう建てるか

不整形の土地でコストを抑え、その敷地特性を逆に活かして眺望とプライバシーを獲得した住宅。クライアントは20代後半のとても前向きで、明るいご夫婦。「限られたコストで自分たちの理想を手に入れたい」という、設計者みょうりにつきる仕事となった。
tit house

土地に合わせた設計

一般的なイメージとして、分譲地では区画という性質上、建物が一定の方向に向きがちで、リビングのレースのカーテンを一日中閉めていなければならないという現実がある。しかし、この問題を不整形という条件を逆に利用して、敷地に従い「くるっ」と45°建物を回転することによって生活空間の視界が開け、一日中レースのカーテンを閉めなくても生活ができるようにした。また、階段の壁にはガラスブロックがランダムに埋め込んであり、そこから朝日がこぼれる姿も美しい。

SUPPORT

ABOUT US

WORKS

EVENT

CONTACT