株式会社SHOEI|設計事務所

株式会社SHOEIの実績ページ

ore house

2008 PROJECT
ore house
所在地 -
建物用途 -
延床面積 -m²
構造・規模 -
ore house

マンションのリノベーション

築20年のRC(鉄筋コンクリート)造マンションの大改造。分類としては、リフォームだが実質上は新築同様。3階建ての1階で、3LDKの2つの住戸(69m²x2)をつなげて、6人家族用に大改造した。

マンションの戸境壁(お隣との境の壁)は、地震時に重要な役割を果たしているため取り去ることは難しいので、構造設計者と協議して扉くらいの大きさの穴をあけ、その両側に柱を入れて補強することにより、2つの住戸を自由に行き来できるように。また、RCのマンションは、断熱・気密性に勝れているので冷暖房効率がよいが、通風が確保できないことや、北側の室内での結露が問題になっている。そこで、全体で一室空間としても使用できるような部屋配置とし、扉を壁に埋め込むなど、間仕切壁の天井際に通風スリットルーバーを設けた。これにより、温熱環境的にも一室構成になり、中間期にはマンションでもここちよい風がびゅんびゅん通るようになった。
ore house

子ども部屋の工夫

また、子どもが4人と多いため、家族構成の変化に応じて間取りを変化できるような工夫を。これは、数年携わったスケルトンインフィル研究の影響がある。

※この住宅は設計者自身の住宅なので、見学希望者は順次ご覧頂けます

SUPPORT

ABOUT US

WORKS

EVENT

CONTACT