株式会社SHOEI|設計事務所

株式会社SHOEIの実績ページ

ame house

2007 PROJECT
ame house
所在地 -
建物用途 -
延床面積 -m²
構造・規模 -
ame house

老後の生活のしやすさ

甲府の隣町の温泉街にある築30の大改造リフォーム。耐震診断も実施したが、壁量も比較的多く、構造体の状態も良い方だった。そこで構造壁量のチェックにとどめ、今回は老朽化した内装のリファインとこれから迎える老後の生活のしやすさをリフォームの目的とした。
ame house

快適な空間に

日本では建築のモデュールとして現在でも尺寸を中心とする910mmの倍数で構成された建材が主流になっている。メーターモデュール品も出回っていますが、種類の豊富さやコストを考慮すると、流通している尺寸の建材を使用せざるを得ない。しかしながら、3尺幅の廊下や便所などは高齢者に対して親切なサイズではないので、いつも微妙に大きくしている。現場担当者にとっては、施工がしにくいともとれるようだが、それだけの意味は十分ある。また、今回のお宅は収納に工夫をし、リフォーム前に表に出ていた小物や大物を全部中にしまえるように考えている。とりたてて「なんていうことでしょう!」などということはしていませんが、とても喜んでいただけたようです。

SUPPORT

ABOUT US

WORKS

EVENT

CONTACT