株式会社SHOEI|設計事務所

株式会社SHOEIのインフォメーションページ

STAFF BLOG

スタッフブログ
2013.04.20
住まいを計画する前に。。。

昨日は、東京の建て替え物件の調査に行ってきました。

この路地の奥に物件があります。

ちょっと複雑な物件です。

遠方なので、都内不動産やさん二社に土地調査をお願いしたのですが、
「再建築不可」とのこと。。。

周辺と過去の確認申請の書類を再度、見直しして、
「再建築可」と思われたので、昨日、区役所へ行ってきました。

結果は、「再建築可能」として、再度検討していただけることとなりました。
やった~!

住まいが、現実に完成するまでは、設計やプラニング、見積以外に、
「そもそもこの計画地は建築が可能か?」から始まって、
資金計画や隣地との関係など、
クリアーしなければいけないことがたくさんあります。

設計がかなり進んでから、他の理由で「とん挫」、という例は、
かつて弊社でもありました。
そんなことがあったら、お客様も弊社も、お互いに困りますよね。

最近、クリアーはしましたが、実際にあった問題は、
隣地の給排水が計画地に埋まっていた、
敷地境界が不明、
計画地に国有地があって、それを払い下げするのに約1年かかったなどなど
確認や話し合いに時間がかかってしまい、
思いがけず、着工まで時間が。。。ということが実は結構あるのです。

目に見えないお隣さんとの関係というのが、重要な場合がありますので、
計画中や着工前にあわてないように、
早めに情報を察知し、対応を考えておく必要があります。

お客様には、問題なのか、そうでないのかがわからない場合や
専門的なアドバイスが無いと解決できない場合も結構あります。

先週は、弊社のリフォームのお客様からのご相談で、
「お隣の家が朽ち果てて、お住まいにもたれかかってしまっていて困る。」とのことで
交渉して、ようやっと解体していただけることとなりました。

長年、解体の交渉に応じてくれなかったとのことです。
今度は、完全なリフォームができそうです。

成功ばかりではありませんが、長い間、問題解決にあたる中で、いつも思うのは
相手が納得できるようなご説明というのは本当に難しいし、
お客様と二人三脚でないと、クリアーできないことの方が多かったように思えます。

住まいを建てるには、
いろいろやることたくさんありますね!
たぶんこのあたりのことは、設計施工をしているから、
できることなのだろうと思います。

P.S.
昨日は、さすがにくたびれたので
息抜きに港区三田の「REN」に行ってきました。
さすが良く雑誌などに登場するフラワーショップです。

珍しいきれいな植物たくさんありました。
ほっと一息です。(*´○`*)ふぅ…
またのブログで。


SUPPORT

ABOUT US

WORKS

EVENT

CONTACT